顧問契約向きの税理士を探すポイント - どうやって税理士を探せばいいの?

Home » 税理士の探し方 » 顧問契約向きの税理士を探すポイント

顧問契約向きの税理士を探すポイント

税理士には顧問契約をお願いできます。
これもまたよくある利用方法ですね。
この契約に向いている相手を探すポイントをいくつかご紹介します。

まず顧問契約とは、その税理士に各個人事業主や企業などの顧問になってもらう契約のことです。
簡単にいえば、その税理士に自分の主治医となってもらい、税務関係の相談などを一手に引き受けてもらうことです。
具体的には、経営相談や記帳を始めとした経理・税務などの管理をしてもらい、最終的に確定申告や法人税の申告までお願いするケースが多いですね。

また、節税など税務署などではなかなか聞けないことも、顧問税理士には期待されることが多いです。
日頃からその事業や会社ついて把握しているわけですから、問題のない範囲でなるべく税金が減るように対応するのも容易ですよね。
このような対応のため、顧問税理士に向いているのは、日頃からこまめに相手の話を聞ける税理士です。
そして聞いた話などをもとに、記帳などの管理や、節税策の提案にも詳しく、積極的な方なら言うことなしですね。

そのような税理士を探すためには、顧問契約を基本業務としている、大手の税理士法人を探すといいです。
各税理士やその事務所では、特に専門としている分野や業務内容がありますが、その中でも顧問契約を基本としている場合もあります。
そのような方針の大手法人なら、丁寧な顧問対応を得意とする税理士がたくさん在籍していますから、個別の要望にも細かく応えてもらえることが多いですよ。

そのような大手の税理士法人は、インターネットで検索すれば簡単に見つかります。
そのサイトの内容を見て、対応してもらえることを確認するといいでしょう。
実際に申込みや相談をすれば顔合わせとなりますから、そこでの対応や雰囲気などを見て、その法人に顧問を頼むかどうか、最終的に判断するといいでしょう。
もしいい法人が見つからなければ、個人で運営されている税理士事務所などもチェックしてみて、よさそうだと思えば連絡してみるといいです。
顧問契約向きの税理士を探すポイントは以上です。

税理士の探し方