料金の目安は? - どうやって税理士を探せばいいの?

Home » 税理士の探し方 » 料金の目安は?

料金の目安は?

税理士に相談すると料金がかかります。
いい専門家を探すためにも、これの目安も知っておくといいですよ。
たとえば顧問契約をお願いしたとき、かかる料金は1か月あたり1〜3万円ほどです。
この契約は税理士が毎月訪問し、相談などを受けてくれるものですから、この料金が毎月かかります。

では確定申告の代行など、決算期の諸手続きを代行してもらうとしたら、いくらかかるでしょうか?
これは5〜20万円程度が目安です。
これくらい払えば、決算期の税務署への申告を代理でやってもらえます。

このようなビジネスシーンではなく、一般人が利用する相続税の申告代理などではどうでしょうか?
このときは相続財産の総額によって変わるのですが、たとえば1億円以下の相続財産なら、20〜70万円となっています。

利用者の多い相談内容について、ある程度の料金の相場をご紹介しましたが、これの決まり方について、知っておきたいポイントがあります。
これら料金は、固定でいくらと決まっているわけではありません。
税理士の料金はすでに自由化されており、実際の料金はそれぞれで自由に決められるんです。
そのため、同じ相談や依頼を持ちかけても、ある税理士と別の税理士とでは、料金が変わることも多いですね。
このように実際の料金は税理士によってバラバラなのですが、このときに選ぶといいのは適正価格を掲げる税理士です

値段が目安より高い場合、自分が希望していないオプションや対応がついている場合があります。
自分が相談した内容をしっかりカバーできるのはいいですが、必要ない対応で料金が増えるのはちょっと困りますよね。
だからといって、値段が目安より安い場合、必要な対応を受けられない場合があります。
それでは悩みなどを解決できませんよね。

このように料金も、適切な税理士を探すためのポイントになります。
まずは相談したい内容について目安料金を確認し、それを適正価格の基準にしてください。
その基準に合う料金となっている税理士を選ぶと、悩みがスムーズに解決することが多いです。

税理士の探し方