知らなかった!税理士のこと - どうやって税理士を探せばいいの?

Home » 税理士の探し方 » 知らなかった!税理士のこと

知らなかった!税理士のこと

会社設立

会社設立するといろいろな問題が出てくる可能性があり、それを経営者ひとりで対応するのはなかなか難しいことです。
実際に会社設立してからいろいろな問題が出てきて大変だったと答えている人がほとんどですし、はじめての人にとっては想定外に自体になることも多々あったようで最初はかなり苦労したみたいです。

中でももっとも経営者を苦しめているのがお金の問題で、これは会社設立後もずっと付きまとう問題ですから、できるだけ理解して付き合っていけるような対策を立てておかなければなりません。
そんなお金の問題を相談するなら専門家に頼ったほうがいいので、会社設立するなら税理士に相談してみるといいでしょう。

税理士とは文字通り税金のスペシャリストで、あらゆる税金に関する問題を解決してくれますし、普段から会社のお金の動きを管理してもらうこともできるので非常に強い味方になります。
特に規模が大きな会社になってくると、なかなかお金の管理が難しくなってきてしまいますので、優秀な税理士を雇っておくことをおすすめします。

会社設立後に税理士が行うことと言えばまず記帳代行から決算手続きといったお金に関する事務的な作業で、これは一般事務に任せるよりも税理士に任せたほうが確実ですし、ここにミスがあると最終的に会社に発生した税金にも違いが出てきてしまいますので、税理士に依頼するほうがメリットがあります。
さらに税理士はリアルタイムの月次決算書類を「試算表」「月次損益計算書」「資金繰り表」という形で示してくれることもできるので、資金調達の際にも役立ちます。

資金調達は一般的に金融機関などへお願いすることがほとんどですが、どれくらいの金額を融資してもらえばベストなのか知っておくことで、その後の会社運営にも大きく影響します。
さらに会社設立後の大きな課題としてできるだけ納める税金を少なくしたいという問題がありますが、これは自分だけでは分からないところがほとんどなので、税理士にある程度任せてどこをどうすれば節税できるのか教えてもらってください。

最終的な決断は当然経営者が行いますが、それまでの段階では税理士に決めてもらい提案してもらうこともできますので、自分が信頼できる人物にお願いするようにしてください。
最近では税理士事務所の数も多くなっていますし、会計事務所や会社設立専門の業者にも税理士が在籍していることが多いので、まずは自分に合った税理士を見つけて欲しいと思います。

税理士の探し方