いい税理士を探すポイント - どうやって税理士を探せばいいの?

Home » 税理士の探し方 » いい税理士を探すポイント

いい税理士を探すポイント

自分が相談したいことに合う税理士を探すポイントは何でしょうか?
それは、税理士にお願いしたいことなどを、なるべく明確にしておくことです。
相談内容に合った税理士を探すためには、大前提として相談したいことがハッキリしていることが必要です。
これが曖昧だと、自分も税理士も、どちらも相性の判断が難しくなります。

たとえば顧問契約をお願いしたいとき、一口に顧問といっても、いろいろなタイプがあります。
たとえば毎月訪問し、きちんと話を聞いた上で問題の有無などを判断し、記帳の代行などもやってくれるもの。
これが一般的な顧問契約のイメージですが、場合によっては訪問頻度が2か月に1回、半年に1回など、各税理士や利用者の希望によって、その形はさまざまです。
どのような対応を希望するのかは、できるだけ具体的に伝えられた方がいいですね。
それができれば自分にピッタリの税理士を一発で見つけられることもありますし、希望と違う税理士に当たった場合、別の相手を探した方がいいと、すぐに判断できます。

このようにいい税理士を探すためには、相談内容をなるべく明確にしておくことが大事です。
基本的なポイントですからぜひ覚えておいてください。
ただ、税務についてお願いしたいことを明確にするのは、意外と難しいですよね。
希望がどうしても曖昧になるなら、現時点での希望に合いそうな税理士を選び、そこで相談しながら一緒に希望を固めてもらうといいでしょう。

たとえば先ほどの顧問契約の例なら、税理士の顧問契約とはどんなものか、一般的な形を教えてもらい、それを希望するかどうかを相談者の方で改めて判断するといいです。
税理士と相談する中で自分の希望が具体的になったら、それをまた税理士まで相談して、その対応が可能か聞いてみましょう。

このように方法は1つではありませんが、税理士へ何かを相談したり、依頼したりするには、希望内容をどこかで具体的にしないといけません。
希望をなるべく早く固めるのが、自分に合った税理士を探すための基本的ポイントです。

税理士の探し方