会社設立の挨拶マナー - どうやって税理士を探せばいいの?

Home » 税理士の探し方 » 会社設立の挨拶マナー

会社設立の挨拶マナー

会社設立

・会社設立挨拶の仕方
今回は、会社設立の時の挨拶マナーについて、どのような形式があるのかを紹介したいと思います。
挨拶の仕方はメールか書状で送ることになるのですが、どのような相手に送る必要があるのでしょうか?

・会社設立の挨拶マナーについて
会社設立の時に送る挨拶は、基本的には、会社設立日かその前に送るのが普通です。
会社設立後に送るより、出来る限り早い段階で先方に会社を設立したことを知らせるのがマナーです。
一見難しそうな会社設立の挨拶ですが、内容文は雛形を参考にして書いた方がスムーズに作成できるでしょう。
あまり凝った内容にする必要はなく、形式に沿った内容にした方が無難です。

・挨拶の送り先は?
会社設立時の挨拶の送り先は、取引先を始めとする、自分と関わりのある相手全般に送ります。
例えば付き合いのある友人や、お世話になった職場の上司や知人、開業を手伝ってくれた人、親族など。
親しい間柄の人間には必ず、会社を立ち上げたことを知らせるようにしましょう。
そうすることで、口コミで宣伝を広めてくれるかもしれません。
会社を運営するにあたって、こういった人間関係の繋がりを大事にしていくことが肝心です。

・書状を郵送する
挨拶状は、書状で送るのが一般的です。
この形式での挨拶が、一番丁寧に相手に受け取られます。
特に大事な取引先には、書状で丁寧に、挨拶状を送るように心がけた方がいいでしょう。
ただし、挨拶状を作るための費用がかかりますので、その点を考慮しておいた方がいいです。

・メールで送る
取引先などにメールで挨拶を送るのも、最近では主流になりつつあるようです。
ただこの方法は、人によっては礼を欠いてると捉えられる恐れもありますので、大事な取引先などには、書状で丁寧に対応した方がいいかもしれません。
この点においては、ケースバイケースで挨拶を行うようにしましょう。

・SNSで送る
SNSで「この度、会社を設立しました」とフォロワーに対して、挨拶をすることも大事です。
フォロワーというのは、リアルとは違ってある程度距離の離れた存在なのですが、どこでリアルと繋がるかは分かりません。
手軽に発信できることですので、こまめに挨拶をした方がいいでしょう。
そうすることで会社の宣伝にもつながります。
SNSの拡散力はすさまじいので、あらかじめアカウントを育てておき、たくさんのフォロワーに対して会社の存在をアピールすることで、一気に会社が世間に認知されるようになります。
SNSは非常に有効なツールなので、挨拶だけではなく宣伝にも積極的に活用した方がいいでしょう。

税理士の探し方